小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)その3:学校教育におけるプログラミング教育の在り方とは

0824_アイキャッチ3

今後の社会で活躍できる人材を育てるためには、「プログラミング教育」が重要なキーワードであると言われて久しい教育の世界。行政では、これに対してどのような議論がされているのでしょうか?文部科学省は、平成28年6月16日に「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」を行いました。うさぎノート通信では、その内容を簡単にまとめ、記事にまとめてお届けします。今回は、「3.学校教育におけるプログラミング教育の在り方とは」についてのご説明です。

目次

コンピュータと人間の関係に関する展望と、時代を超えて求められる力

私たちは現在も、自動販売機やロボット掃除機など、身近な生活の中で、無意識にさまざまな物に内蔵されたコンピュータとプログラミングの働きの恩恵を受けています。このような人間とコンピュータとの関係は、人工知能の急速な進化に伴い、今後ますます身近なものとなるでしょう。

そうした生活の在り方を考えれば、子どもたちが便利さの裏側でどのような仕組みが機能しているのかについて思いを巡らせ、便利な機械が「魔法の箱」ではなく、プログラミングを通じて人間の意図した処理を行わせることができるものであり、人間の叡智が生み出したものであることを理解できるようにすることは、時代の要請として受け止めていく必要があります。

学校教育、特に義務教育段階は、子どもたちが将来どのような職業に就くとしても普遍的に求められる資質・能力を育んでいくことが求められます。社会の変化を踏まえた時代の要請を、教育がどのように受け止めていくかを議論する際には、目の前の変化に柔軟に対応しつつ、長期的な視野も持ちながら、子どもたちに時代を超えて普遍的に求められる資質・能力とは何かを見極めていくことが重要になります。

特定の技術や個別のプログラミング言語は、時代の変化や技術革新の中で移り変わっていくでしょう。将来的には、私たちが日常的に用いる自然言語で論理的に書いたり話したりすることで、コンピュータに指示ができるようになるのではないか、との予測もあります。

仮にそのような時代になったとしても、社会でコンピュータが果たす役割を理解しながら、「プログラミング的思考」を発揮し、その時代の情報技術を効果的に活用して問題を発見・解決していくことの重要性は変わりません。子どもたちには、コンピュータに意図した処理を行うよう指示ができることを体験させながら、時代を超えて必要となる資質・能力を、発達の段階に即して身に付けていくことが求められます。

学校教育として実施するプログラミング教育は何を目指すのか

学校教育におけるプログラミング教育の在り方については、先に述べたようなコンピュータとの関係に関する見通しを持ちながら、資質・能力の在り方(特に「プログラミング的思考」の在り方)を踏まえつつ、子どもたちに求められる普遍的な力とは何かを明確にし、認識の共有を図っていく必要があります。その際、次期学習指導要領に向けては、現代的なテーマに焦点化した教育も含め、どのような資質・能力の育成を目指すのかを三つの柱
(1)何を理解しているか、何ができるか(知識・技能)
(2)理解していること、できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力)
(3)どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びに向かう力、人間性等)
で整理していくとされていることなどに対する留意が必要です。

プログラミング教育とは、子どもたちにコンピュータに意図した処理を行うよう指示できることを体験させながら、発達の段階に即して、次のような資質・能力を育成するものだと考えられます。

【知識・技能】
小学生
身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと

中学生
社会におけるコンピュータの役割や影響を理解するとともに、簡単なプログラムを作成できるようにすること

高校生
コンピュータの働きを科学的に理解するとともに、実際の問題解決にコンピュータを活用できるようにすること

【思考力・判断力・表現力等】
発達の段階に即して、「プログラミング的思考」(自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力)を育成すること。

【学びに向かう力・人間性等】
発達の段階に即して、コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。

発達の段階に即した資質・能力の育成

中学校及び高等学校では、それぞれの学校段階における子どもたちの抽象的思考の発達に応じて、構造化された内容を体系的に教科学習として学んでいくことになります。中学校では技術・家庭科の授業、高等学校では情報科の授業でこれを学ぶこととなりますが、現在、中央教育審議会においては、中学校及び高等学校におけるプログラミング教育の充実についても議論がされています。

具体的には、中学校の技術・家庭科技術分野の「情報に関する技術」において、計測・制御に関するプログラミングだけではなく、コンテンツに関するプログラミングを指導内容に盛り込むことによって、プログラミングに関する内容を倍増させること、高等学校の情報科に共通必履修科目を新設し、全ての高校生がプログラミングを問題解決に活用することを学べるようにすることが検討されています。

こうした小・中・高等学校を見通した充実が図られる中で、小学校においては、身近な生活の中での気付きを促したり、各教科で身に付いた思考力を「プログラミング的思考」につなげたりする段階であることを踏まえた、小学校教育の特質に即した在り方が必要となります。

また、学校教育においては、通常の学級、特別支援学級、特別支援学校といった、連続性のある「多様な学びの場」において、子どもたちの十分な学びを確保していく必要があり、一人ひとりの子供の障害の状況や発達の段階に応じた指導や、それぞれの困難さに十分配慮した指導の充実が必要であることにも留意するべきでしょう。

【参考資料】
小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

関連記事 小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)その4:小学校教育におけるプログラミング教育の在り方