意外とチェックされている? 先生のお仕事着の注意点(男性編)

pixta_11024322_M

普段の学校生活の中で、どのような服装をしていますか?式典や研究授業などのフォーマルな場面の時は、男性の先生はスーツを着る場合が多いと思いますが、そうでない日常の授業中は、比較的カジュアルダウンした格好をしているのではないでしょうか。しかし、スーツではないからこそ、どんな服装をするべきか悩んでしまう先生も多いはず。そこで今回は、男性の先生向けの学校に来ていく服装選びのヒントをまとめました。

目次

まずはさわやかさと清潔感を重視

服装によるイメージは、その人自身の雰囲気を左右します。また、身だしなみを整えることは、適切なコミュニケーションをするための第一歩。まずは、相手に不快感を与えないことが基本です。

先生の場合は、「清潔感」と「落ち着き」を意識した服装を選ぶことで、生徒や保護者の前に立って注目を集める際にも好印象です。

比較的服装の自由度が高い日常の仕事着では、信頼感を得たい場合はフォーマルな要素が多めの服装、親しみやすいイメージを持ってほしい時はラフな要素を多めの服装にするなど、状況に応じた服装選びをすることが大切です。

とはいえ、そのさじ加減はどのように調節するべきかを判断するのがなかなか
難しいですよね。ここから、アイテムごとの選び方のポイントをご紹介します。

襟付きのトップスが無難 秋冬はジャケットを

スーツを着用しない時も、基本的には襟付きのトップスを選ぶようにすると、きちんとしたイメージで好印象です。もう少しカジュアルでも良い場合は、夏場はポロシャツでもいいでしょう。色や柄はあまり主張しすぎないものを選んだ方が無難ですが、それぞれの先生の似合う色や、持たれたいイメージによって工夫をしてみると個性が出ます。

また、秋冬などの涼しい時期にはジャケットを着ると、全体のバランスが取りやすく、落ち着いていてきちんとした印象に。また、フォーマルな場ではなく普段着として着用するジャケットは、スーツジャケットのような堅いものでなくても、綿などの生地でラフなものを選んでも基本的には問題ありません。服装全体の大部分を占めるジャケットは、着まわしのことも考えて派手なものは避け、色合いは黒・紺・ベージュなど落ち着いたものを選びましょう。

落ち着いた色合いの靴とパンツが便利

パンツは、ジャケット同様、どんなシーンでも着まわしが効く落ち着いた色合いのものを用意しておきましょう。各学校のルールや雰囲気にもよりますが、カジュアルすぎてしまうジーンズは避けた方が印象を悪くしないためには無難です。ベージュの「チノパン」は、一本持っておくと様々な服装に合わせやすいのでおすすめです。

ワンランク上のおしゃれは小物にこだわる

また、清潔感やきちんとした印象をアップさせるためには、手入れの行き届いた質の良い靴や鞄、ハンカチなどが役立ちます。しかし、高価すぎるものや、ブランドのロゴが大きく入っているものは、保護者によってはあまり良い印象を持たない方もいるので、控えておきましょう。主張せず、さりげない良質な小物選びがポイントになります。靴や鞄の色合いも黒、茶など落ち着いたものの方が長く使えるでしょう。

おしゃれな服装でなくとも、ポイントさえ抑えれば、好印象な服装をすることはそれほど難しくありません。若手の先生は今後服を買うときの参考に、ベテランの先生は改めて服装を見なおしてみる機会になれば幸いです。