話題の『ポケモンGO』子どものための注意点

pixta_21333825_M

ポケモンGOは、スマートフォンの位置情報サービスを利用し、現実世界に登場するポケモンを捕獲したり、バトルしたりできるリアル世界とバーチャル世界が融合したゲームです。従来のゲームと異なり、現実世界のあらゆる場所にポケモンが出現するため、自分自身がゲームの世界に入ったかのような感覚でプレーができる点が魅力。日本より早くリリースされたアメリカなどでは社会現象にもなりました。子どもたちの間でももちろん人気になっていますが、安全に遊ぶためには、いくつかの注意点があります。それらをポイントに絞ってまとめました。

目次

子どもたちが楽しく遊べるために

ポケモンGOは、スマートフォンを使用して遊ぶゲームですが、厳密には年齢制限はありません。利用規約には、以下のように記されています。

お客様が13歳未満のお子様の親権者又は法的な保護者(以下「親権者等」といいます。)である場合、お客様自身のために、かつ、本規約及び当社のプライバシーポリシーにおいて本サービスの利用を認められているお客様のお子様を代理して、本規約に同意することになります。

13歳未満のお子様の親権者等は、お子様による本サービスの利用の前に、PTCを通じてThe Pokémon Company International, Inc.(以下「TPCI」といいます。)に登録する必要があります。TPCIは、親権者等が当該お子様の親権者等であることを確認し、当該お子様について当社での本アカウントの作成を承諾することを求めます。TPCIは、親権者等の確認及び同意の両方が得られ次第、当該親権者等がお子様のために当社での本アカウントを作成することができるようにします。

つまり、13歳未満の子どもがポケモンGOで遊ぶ場合は、保護者の方が代理で利用規約に同意すれば、アカウントの登録が可能です。反対に、同意がなければアカウントを登録することはできません。

ポケモンGOは、現実世界を実際に移動しなければレベルアップができません。そのため、子どもたちにとっては多くの危険が振りかかることも考えられます。先生としても、保護者の方々にそのことをきちんとアナウンスしておくといいでしょう。

そのために、子どもたちにポケモンGOで遊ばせる際の注意点を具体的に説明していきます。

アプリのダウンロードは保護者が立ち会うこと

ポケモンGOを13歳未満の子どもがダウンロードはする際は、ダウンロード後の設定まで必ず保護者の方が一緒に行うように先生は声がけをしましょう。

スマホのフィルタリング機能を活用

そもそも、小中学生のスマートフォンにフィルタリングを書けておくことは安全対策のために重要です。フィルタリングをしていないスマホでポケモンGOの攻略法を検索すると、偽アプリのダウンロードページに行きついてしまう危険性も……。この機会に、子どたちのスマートフォンにフィルタリング機能を設定するよう、先生は保護者の方々に提案してみてください。

予備電池を持たせる

ポケモンGOはGPS機能を使用するため、電池の消耗がかなり激しくなります。子どもの安全のためにスマートフォンを持たせている保護者の方も多いと思いますが、このせいで肝心の緊急連絡が必要な際に、バッテリーが切れてしまっている危険性も考えられます。家族と離れてポケモンGOをさせる場合は、予め予備電池を持たせておくように呼びかけましょう。また、万が一の時のために、テレフォンカードを持たせておくことも先生から薦めておくといいでしょう。

歩きスマホや自転車に乗ったままの操作をさせない

公共の道路を移動中にスマホの画面に夢中になっていると、子どもたちが交通事故に巻き込まれる原因になります。操作する際は安全な場所で立ち止まって行うように、先生からも伝えておきましょう。もちろん、保護者の方々も子どもの見本となるために日頃から歩きスマホや、自動車・自転車を運転しながらの操作は控えるように声がけをしておくことが大事です。

人気のない場所で遊ばせない

人気のない場所は、子どもたちが不審な人に声をかけられて事故につながる危険性があります。一人でそのような場所に行かないように子どもたちに伝えるのはもちろんのこと、友達同士で一緒に遊んでいる時も、なるべく安全な場所を選ぶように先生からも注意しておきましょう。

今までにない新しいゲームだからこそ、子どもたちが安全に有意義に楽しめるよう、先生や保護者などの周りの大人たちの配慮が重要です。実際に、海外ではポケモンGOが引き金となった事件や事故も多発しています。こうしたトラブルの事例も別の記事でご紹介していくので、子どもたちを危険な目に合わせないためにも、読んで確認してみてください。

関連記事 こんな事件・事故も起きている!『ポケモンGO』のトラブル事例