夏期講習がスタートする前に先生が気をつけること

pixta_1102797_M

夏が近づき、塾の先生にとってはいよいよ夏期講習の時期が近づいてきましたね。多くの学習塾にとって、学校の夏休みを利用した夏期講習は、一年の内でも最も力を入れるイベントの一つなのではないでしょうか?うさぎノート通信では、「親御さんにきちんと伝わる夏期講習の利点って?」として、夏期講習を保護者に勧める際のポイントをお伝えしました。それに関連して今回は、本番直前の、先生に向けた夏期講習中の留意点をご紹介します。

目次

夏期講習は、普段と違う新しい生徒がいることも忘れずに

普段は塾に通っていなくても、夏期講習を機に入会を考える生徒・保護者も少なくありません。中には、夏期講習に参加してみて、秋学期からも継続して通うかどうかを検討する家庭もあります。そこで、先生はそういった「普段と違う生徒」に対する心配りを忘れないようにしましょう。
塾によって、授業のやり方にはそれぞれの特徴があります。つい、いつもの調子でどんどん進めていってしまうと、新しく加入した生徒はしっかり理解できない場合も……。同じように、トイレの場所や、宿題の提出方法なども改めて丁寧に指示する必要があります。

また、先生が、普段から通っている生徒とばかり親しくやりとりをしていると、新しい生徒にとっては肩身の狭い思いをさせてしまう可能性もあります。普段の生徒の中には、いつも先生に人懐っこく話しかけてくる生徒もいるでしょう。休み時間にそのような「常連」の生徒とばかり話すのではなく、先生の方から新しい生徒のことも気にかけてあげるようにしましょう。

夏期講習は、秋学期以降の生徒数を増やすチャンスでもあります。「夏期講習に来てみて良かった」と新しい生徒に思ってもらい、秋学期以降も継続して通う決意をさせるためには、先生のこうした配慮がポイントになります。

長期間続く講義をやりきるための体力づくりを

長時間、そして長期間に渡り、生徒の前で講義を続けることは、先生にとってもかなり体力を使いますよね。夏の暑さと、教室内の冷房の影響などもあり、夏期講習中に体調を崩してしまう先生も少なくないようです。しかし、先生がいないと授業は成り立ちません。担当の先生が急に休んでしまうと、別の先生に臨時で変わってもらうなどして、他への負担がかかってしまいます。また、授業のやり方も、必ずしも全ての先生が同じではないので、生徒たちの混乱を招いてしまう恐れも……。

大事なタイミングにそんな事態にならないよう、夏期講習が本格的にスタートする前に、忙しさに負けない丈夫な体づくりを心がけましょう。そのためには、食事の栄養バランスを考えたり、規則正しい生活リズムを意識したりすることが基本です。

受験生にとっては将来を左右する時期だということに留意


夏期講習は、特に受験生にとってはとても大事な期間です。なぜなら多くの場合、志望校を決定する際の判断材料として、この時期の成績がかなり大きく影響するため。生徒の志望校合格圏内を実現するのには、それよりも少し上のランクの学校を受験できるレベルまでの学力をつけさせることが大切です。
とはいえ、夏休みは楽しいイベントが多いので、勉強を怠けたくなったり、暑さのために気持ちがだらだらしてしまったりする生徒も多いでしょう。先生はそれを律するよう心がけ、夏期講習を真剣に受けることがいかに大切かを呼びかけるようにしましょう。

先生にとっても、生徒にとっても気力と体力を必要とする夏期講習。生徒の成績アップに有意義な講義を行うことができるよう、早くから心も体も万全な準備をして臨むことが大切ですね。