「電子黒板?」「タブレット?」ICT教育の基本をおさらいしよう

pixta_15444239_M

スマホやタブレットの使用が当たり前の現代。あらゆる場面でのデータ化やネットワーク化が進む中で、教育の現場も「ICT教育の推進」を求められているのはご存知の通りです。とはいえ、先生方全てがこれに詳しい訳ではないですよね。生徒に還元する前に、まずは自分たちが理解することが最初の難関…という方もいるかもしれません。そこで今回は、文部科学省が公表している「初等中等教育における学習指導でのICT活用」を元に、ICT教育の基本的な情報をまとめました。

目次

ICT教育ってどういうもの?

ICTとは(Information and Communication Technology)を意味します。
ICT教育の実例には、いろいろなものがありますが、まず代表的なのが、「情報表示」に向いたICT機器の活用です。普段の板書や教科書での学習のほかに、プロジェクターやスクリーン、電子黒板などを活用して、教室にいる生徒と先生全員が同じ映像を共有することを指します。

これらの機器は多くの教育の現場で整っていますが、実際に活用しているかという点では、先生や学校自体の意識によって差が出る部分です。
また、私立の学校などでは、生徒一人ひとりにタブレットなどの機器を与え、アプリを授業に活用したり、課題のやり取りをしたりと、先進的な取り組みをしているところも。

適切なICT機器を使用する

そもそも、ICTとは情報技術(IT)に、通信コミュニケーションの要素を含んだ言葉です。
ICT教育を行う際には、まずそれぞれのICT機器の特性を先生が把握していることが重要。その中で最適なものを選び、授業に活用するように心がけましょう。

ICT教育に効果的な情報表示のための機器は、大まかに「出力系」(プロジェクター、プラズマディスプレイ、電子黒板など)と、「入力系」(教科書に準じたデジタルコンテンツ、実物投影機、インターネット、地上デジタルテレビ放送、CD-ROMやDVDなど)の2種類に分けられます。

また、これらの機器を使用する際は、インターネットの回線を教室内に接続するために、無線LANの整備が必要とされる場合もあります。無線LANの導入には、多少の知識やノウハウが求められます。そもそも、その整備環境が整っているかの確認もしっかり忘れずにすること。導入の際は、そのサポート体制も意識した事業者選びをするようにしましょう。

また、知識の定着を図るためには、生徒各自がドリルソフトで学習をする場合に、生徒用のコンピュータ(タブレット、PCなど)を活用させることが一般的です。
ICT教育に距離を感じてしまっている先生は、自分自身がまずはこのようなICT機器を活用するという選択肢を心に留めておくといいかもしれません。

ICT教育の効果

ICT教育が生徒にもたらす効果は、以下の4つです。

1,児童生徒の興味・関心を高める

教科書ではなく、プロジェクターを使ってスクリーンなどに大きく画像や映像を映し、クラス全員で共有することで、イメージをより膨らませることができます。その結果、学習内容に対して生徒が関心を持ち、進んでそれらを調べようとする興味や関心が高まります。

2,一人ひとりに課題を明確に掴ませる

教科書の問題文や図表を拡大して提示することで、先生が言葉だけで伝える以上に、生徒一人ひとりがこれから学習する内容と課題を把握することができます。また、自分のものとお手本を比較できる映像などを見せることで、自分自身で課題に気づかせることも可能です。

3,児童生徒の思考や理解を深める

映像を組み合わせながら説明をすることで、生徒のつまずきを防ぎ、思考や理解を深めることができます。また、ICT機器の操作手順やグラフの読み取りなどを指導する際は、映像やグラフの拡大提示、シミュレーションソフトなどを活用することで、より分かりやすい説明になります。

4,児童生徒の知識の定着を図りやすい

生徒がそれぞれにドリルなどに取り組むソフトウエアを活用すると、知識の定着のために繰り返し学習ができ、先生は一人ひとりの理解度を把握しやすくなります。繰り返しの学習は単調になりがちですが、ICT機器を活用すれば生徒が退屈しない方法を考えることも可能です。

今回はICT教育に関する内容のなかでも、基本的な部分をお届けしました。ただし、どのようなICT機器を使用したとしても、一番大切なのは生徒にとって実りのある学びにつなげることです。普段の授業にICT機器をもっと活用し、今よりも充実した授業づくりのために工夫してみてはいかがでしょうか?