持続可能な開発のための教育 ESDって?

World Map Global International Globalisation Concept

常にさまざまな変化が起こる社会では、これに伴う問題も次々に生まれます。そこで教育機関に求められるのは、世の中に順応し、価値を提供する人材育成に力を入れること。近年注目されているのが、「持続可能な開発のための教育」を意味する「ESD」です。一時的ではなく長きに渡って人々が幸せに生きていくために誕生したこの教育指針のポイントについて、「ESD」に関する文部科学省の資料を元にまとめます。

目次

社会の問題を身近なこととして捉えることが重要な「ESD」

「ESD」とは「Education for Sustainable Development」の略。ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)によって推進され、日本語では「持続可能な開発のための教育」と訳されています。

今日の世界には、環境・貧困・人権・平和・開発などのさまざまな問題があります。「ESD」は、こうした現代社会の課題を子どもたちが自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、それによって持続可能な社会を創造していくことを目指しています。

「ESD」で大事にすべきこと

「ESD」の実施には、特に以下の二つの観点が必要になります。

・人格の発達や、自律心、判断力、責任感などの人間性を育むこと
・他人との関係性、社会との関係性、自然環境との関係性を認識し、「関わり」、「つながり」を尊重できる個人を育むこと

そのため、環境、や平和、人権等のESDの対象となる様々な課題への取り組みをベースにしつつ、環境、経済、社会、文化の各側面から学際的かつ総合的に取り組むことが重要です。

また、以下の内容は文部科学省のホームページ内にまとめられた、「ESD」を実施にあたって知っておくべきポイントです。

(1)ESDの目標
・全ての人が質の高い教育の恩恵を享受すること
・持続可能な開発のために求められる原則、価値観及び行動が、あらゆる教育や学びの場に取り込まれること
・環境、経済、社会の面において持続可能な将来が実現できるような価値観と行動の変革をもたらすこと

(2)育みたい力
・持続可能な開発に関する価値観
(人間の尊重、多様性の尊重、非排他性、機会均等、環境の尊重など)
・体系的な思考力(問題や現象の背景の理解、多面的かつ総合的なものの見方)
・代替案の思考力(批判力)
・データや情報の分析能力
・コミュニケーション能力
・リーダーシップの向上

(3)学び方・教え方
・「関心の喚起 → 理解の深化 → 参加する態度や問題解決能力の育成」を通じて「具体的な行動」を促すという一連の流れの中に位置付けること
・単に知識の伝達にとどまらず、体験、体感を重視して、探求や実践を重視する参加型アプローチをとること
・活動の場で学習者の自発的な行動を上手に引き出すこと

(4)我が国が優先的に取り組むべき課題
先進国が取り組むべき環境保全を中心とした課題を入り口として、環境、経済、社会の統合的な発展について取り組みつつ、開発途上国を含む世界規模の持続可能な開発につながる諸課題を視野に入れた取組を進めていく。
(「我が国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画」より)

「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム」の設定

2013年11月、第37回ユネスコ総会において、「国連ESDの10年」(2005~2014年)の後継プログラムとして「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)」が採択され、2014年第69回国連総会で承認されました。

持続可能な開発は、政治的な合意、金銭的誘因、または技術的解決策だけでは達成できません。持続可能な開発のためには、私たちの思考と行動の変革が必要であり、教育はこの変革を実現する重要な役割を担っています。そのため、様々な行動によって「ESD」の可能性を最大限に引き出し、万人に対する持続可能な開発の学習の機会を増やすことが必要です。

2016年には、持続可能な開発のための教育に関する関係省庁連絡会議が、日本における「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するグローバル・アクション・プログラム」実施計画を策定し、同計画に基づいて様々な関係者と連携し、ESDを推進しています。

グローバルな視点が重要視される現代では、教育に関しても、世界的な方向性に目を向けることが重要です。担当する生徒たちが国際社会で活躍する人材として成長できるよう、先生方は普段のホームルームの時間などでも国際情勢などの話題を盛り込みつつ、「ESD」の考え方を取り入れた教育を意識してみるのもいいかもしれません。

【参考】
文部科学省公式HP『ESD(Education for Sustainable Development)