「ここでしかできない経験」を高校に。「高校魅力化推進プロジェクト」の事例紹介

pixta_22038504_M

近年、少子化の影響で地方の高等学校の入学者数は激減し、クラスも各学年一クラスという学校も少なくありません。中には、複数の学校が合併し、形態を変えるケースも。しかし、規模が小さくなりつつも、高校は教育機関として重要な役割を担う存在です。そこで、近年注目を集めているのが、学生数の減少を食い止め、その学校独自の魅力を見出して発信する「高校魅力化推進プロジェクト」。早い段階からこの取り組みに力を入れてきたのが、島根県立隠岐島島前高校です。地域と高校が連携し、島前内をはじめ、全国から生徒が集まる魅力と活気ある学校作りを大事にしてきました。現在では、さまざまな地域でこの「高校魅力化推進プロジェクト」が広がりを見せています。今回はその内容について、簡単にご紹介します。

目次

「高校魅力化推進プロジェクト」とは

地方や入学者数が減少している高校は、「その学校でしか学べない仕掛けづくり」を行い、新入生に選ばれるような理由をアピールすることが重要です。そのためには、自校の魅力を強化・発信していくために地域や企業、団体などと協働し、カリキュラムの充実や学力向上、キャリア教育の指導などを充実させることが必要です。これらを実践し、入学者の減少を食い止めようとる動きが、「高校魅力化推進プロジェクト」です。

最初にこの活動を始めた島根県立隠岐島島前高校では、生徒の減少によって学級が一学年一クラスになり、生徒一人ひとりの希望進路に応じた学習をカバーするのが難しい状況に陥ってしまいました。

各学年一クラスしかないと、国公立進学希望から就職希望の生徒までを同時に指導しなければいけない状況です。保護者からは「島で子育てをすることは大学進学に不利だ」という声が上がる中、学校側としては「島であっても子どもの進路希望を叶える教育環境を作りたい」という想いがありました。そこで、地域や高校、PTAやOB・OG会などが集まり、中学校や高校の生徒、保護者、教員へのアンケートやヒアリング、住民、議会との意見交換を重ね、「魅力化構想」が完成しました。

新しい人の流れを生み出す「島留学」

島前高校魅力化プロジェクトの中でも、特に成功例として語られているのが「島留学」です。アンケートやヒアリングの中で見えてきた地元の中学生の本音は、「刺激や競争がない」「多様な価値観との出会いがない」「新しい人間関係をつくる機会がない」ことへの不安。社会に出てからさまざまな人とコミュニケーションをする上で、多様な価値観に触れることはとても大切です。しかし、少数の生徒で構成される島の高校ではクラス替えがないので、人間関係の固定化、価値観の同質化が懸念されます。こうした環境に刺激を与え、意欲的にさまざまな挑戦をしている島外の生徒との交流をすることで、新しい価値観やものの見方を発見することが「島留学」の狙いでした。
結果として、今まで当たり前だと思っていた島の魅力を再発見した生徒は、観光プランを競い合う全国大会「観光甲子園」においてグランプリに!きっかけは「島っていいね」という島外の生徒の発言でした。この観光プランは地域の人も巻き込み、実際に全国から参加者を集めるツアーとして実現されました。

ものづくりの現場を支える人材育成を!大阪府工科高校の挑戦

現在は他の地域でも、ならではの魅力を活かした高校の在り方を問う取り組みが少しずつなされています。大阪府では、行政で「高校魅力化推進プロジェクト」を支援する体制が整いつつあります。

現在、ものづくりの現場は人材不足や後継者不足が課題。大阪府でも、優れた技術の喪失が懸念されているのが現状です。地域独自の技術や技能を継承するためには、これまで以上に工科高校の魅力を強化・発信していく必要があります。そこで教育庁、商工労働部、府立工科校長会が立ち上がり、「工科高校魅力化推進プロジェクトチーム」を設置。取り組み内容としては特設ホームページを設け、大阪府にある9つの工科高校や、機械系を始めとする11の学習コースを映像で紹介。何が学べるのか、どんな高校生活が待っているのか、教員やOB・OGの想いや卒業後の進路などを垣間見ることで、入学希望者自身の今後のイメージを掴みやすくする工夫をしています。

高校進学は、受験を意識する中学生にとって、「今後どんなことを学びたいのか、どんなことをしていきたいのか」を最初に決める分岐点となります。あくまでも、進学校として有名な学校への進学だけが、未来を切り拓くとは限りません。「高校魅力化推進プロジェクト」のようなきっかけを通して、今まで知らなかった世界を見てみることも生徒にとっては大切なことのひとつです。まずは先生自身が、「高校魅力化推進プロジェクト」について知り、担任する生徒たちへの進路提案の幅を広げてみてはいかがでしょうか?