文部科学省が推進する「スーパー食育スクール」って?

pixta_21613080_M

近年、朝ごはんを食べない子どもや、貧困により食事がとれない子どもの増加、給食の残食率の高さなど、食における課題は絶えません。食べ物が食卓まで届く過程を知らない子どもが増えたことで、野菜や魚についての基礎知識を知らなかったり、食べ物のありがたみがわからなかったりと、食へ対する関心が失われてしまっている場合も……。そこで、学校における食育を推進しようと文部科学省が「スーパー食育スクール」というプロジェクトをはじめました。今回はそのモデル校の取り組みをまとめます。

目次

「スーパー食育スクール」の概要

文部科学省は、平成26年度より先進的な食育の取り組みを行うモデル校を「スーパー食育スクール」と指定し、1年間の食育推進事業を行うように提案をしました。大学や企業、農家などの生産者や関係機関など専門家と連携して食育を科学的データに基づき検証をするため、成果が分かり易く示されると期待されています。「スーパー食育スクール」は食生活における学力・体力・運動能力の向上だけではなく、地産地消の推進や食文化の理解などさまざまな観点から食育を展開していくプログラムとなっており、現在では多くの小学校から高校までが指定校になっています。

今回は、北海道のとある小学校の取り組みを例に挙げてご紹介します。

「スーパー食育スクール」指定校、北海道東神楽町立東神楽小学校の取り組み

【事業目標】
社会で自立して生きていくための必要な力を身に付けることができるよう、学校や家庭、地域、行政が一体となって北海道民総ぐるみの“北海道「学力・体力向上運動」”を行っています。栄養教諭を中心として家庭とも連携をとり、食に関する指導を行っていくことで生活や学習の基盤となる食生活の定着化を目指します。
今回の取り組みでは、大学や企業などの研究機関と連携し「学力・体力・運動能力の向上」に対し科学的データに基づいた検証を行います。

ここで、学校・家庭・地域の各取り組みについてまとめます。

【学校】
・副教材における食育授業の充実
・体や活動量に応じた学校給食の提供
・教員と連携した給食指導
・農家での体験活動

【家庭】
・早寝・早起き・朝ごはんの推奨
・朝食を中心とした食生活の改善
・送迎の自粛や外遊びの推奨

【地域】
・土日を使用した食に関する体験プログラムの提供

【実施成果】
副教材を取り入れた食育や、農家での体験活動により食に対する関心が高まりました。家庭と連携して行うことでより一層食が身近に感じられたようです。また、教員が給食の時間に行ったミニ講座では、食品の組み合わせの大切さに気付く生徒が多く、この成果による保護者の食育への関心も高まっています。研究機関と連携した食事状況と運動能力のデータでは、体力テストと食事のスコアの上昇を4つに区分し、「維持」「低下」が変化しなかったのに対し、「改善」「大きく改善」した児童生徒は1.4倍と、食事と体力が密接に関わっているとデータで証明されました。

【今後の課題】
今回はクラス全体での食育指導に取り組んできましたが、今後は肥満や痩せすぎの傾向にある児童生徒に対し個別に対応すると同時に担任、養護教諭や保護者が連携して効果的に進めていく必要があります。
また運動に関しては自動車移動が多いため児童生徒の活動量がどうしても制限されてしまいます。冬になると雪の影響で顕著に表れるため、スポーツ施設と提携したり、体育館を有効活用できる方法を考えるなど、運動しやすい環境をより一層整えることが大切になってきます。

北海道では、子どもたちの夢や目標の実現や自立のために規則正しい生活習慣を身に付けるべきだと、教育委員会が独自の取り組みを行っています。
食育に関するプログラムは、現在さまざまな場所で行われており、それぞれの課題に向き合っている状況です。自身の学校がどういった食育の指導法と相性が良いのか、まずは「スーパー食育スクール」の事例を参考に考えてみてはいかがでしょうか?