スポーツでスランプに陥っている生徒にアドバイスを イメージトレーニングの基本

pixta_23407809_M

体育の授業や部活動、スクールなどでスポーツの指導をしている先生の中には、なかなかプレーが上達しなかったり、スランプに陥ってしまったりしている生徒を抱えている方もいらっしゃるのでは?さまざまなフィジカルトレーニングの方法を学び、指導することももちろん大切です。しかし、方法の一つとして、プロのスポーツ選手たちが行っているような「イメージトレーニング」を取り入れてみるのはいかがでしょうか。上手くイメージを活用することができれば、選手である生徒たちのやる気や自信を高めることもできます。
今回は、そのようなイメージトレーニングの基本的な方法についてまとめました。

目次

「心」もスポーツ選手にとっての武器


心と体を完全にコントロールできるスポーツ選手は、難しい場面でも成功を収めることができます。そのためには、何が起きても、きちんと対応できる自分の姿をいつでもイメージできるようにすることが大切です。

イメージトレーニングの習得は、自分がスポーツをしている姿を想像することから始まります。その場の空気が感じられ、物音が聞こえ、できれば匂いまでイメージするように心がけると、より効果的になっていきます。
こうして鮮明にイメージすることで、中枢神経はそのイメージが本物なのか想像なのかを区別することができなくなり、体が反応するのです。つまり動きを正確に思い描けるということは、その動きを再現できる可能性が高いということになります。


イメージとリラックスを組み合わせる


イメージトレーニングをするときは、気持ちを乱れさせるものを排除することが重要です。心理的な混乱や、妨害要素を避けるためには、自分自身をリラックスさせる必要があります。
実際に、スポーツの試合中は強いプレッシャーやストレスがかかることも。その時の感情のままに動いては良い試合はできませんよね。起こり得る最悪の状況を予想し、それが起きたときに自分はどう感じるのか。どう行動すれば、自己コントロールを取り戻せるのか。これらも併せて深くイメージしましょう。
より効果を発揮するためには、瞑想やヨガのようなリラクゼーションを組み合わせたイメージトレーニングを行うことも重要です。


心と体は結びついていることを意識する


心と体は強く結びついていることが分かっています。選手がある動きをイメージすると、体はそれに対して反応します。よって、選手がポジティブなイメージができると体も反応してエネルギーを高め、良い動きができる準備が整いはじめるのです。
この効果を認識し、自分たちが勝つ場面を想像できる選手ほど、実際に勝てる確率が高いといったデータもあります。例えば、選手自身が過去にできた理想的なプレーをしっかりと心に刻んでおき、常にその状態をイメージできるようになると、より良いパフォーマンスを本番の試合で発揮することが出来るでしょう。

普段のフィジカルトレーニングと併せて、イメージトレーニングを取り入れることで、より効果的に試合本番で結果を残すことが出来るかもしれません。また、選手たちにとって、指導者である先生が「イメージをすれば良いプレーがしやすくなる」と語ってくれることは、自信にもつながります。
技術が伸びずに落ち込んでいたり、スランプに陥って焦っていたりするからこそ、がむしゃらに練習に励んでいる選手もいるでしょう。そんな選手には、一度メンタル面のサポートとして、イメージトレーニングの重要性を伝えて上げるのも手段のひとつではないでしょうか。