「生徒が笑顔になるのなら」。教育実習での体験が活動の源 「教育YouTuber」葉一さん 後編

F85A2853-3

「教育YouTuber」として、多くの生徒たちから人気を集めている葉一さん。前編では、「YouTube」での勉強動画を、いかに生徒たちに対して魅力的で分かりやすく作っていくかについてや、どんな生徒も好きな時に無料で学ぶことができる「教育の三本目の柱」をつくりたいといった強い想いを伺いました。後編では、葉一さんがそのように考えるきっかけになった大学時代のエピソードについて掘り下げていきます。教育学部に所属していた葉一さんの心を動かした出来事とは……?

目次

教育に対する原動力は、生徒への恩返し

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    葉一さんが、分かりやすい勉強動画づくりにどれほど力を注いでいるかがとても良く分かりました。ここで改めて、教育の現場から離れていながらも、生徒たちのことを強く想う理由を教えていただけますでしょうか?

  • haichi_60

    葉一さん

    実は、大学生の時に教育実習に行った中学校で、ある生徒たちとの出逢いがあって。先生としての自分の在り方を考えさせてくれたその子たちへの恩返しとして、僕は一生教育に身を捧げようと思ったんです。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    何かとても貴重な経験をされたのですね。具体的に教えていただきたいです!

  • haichi_60

    葉一さん

    教育実習生として都内の中学校に通っていた時、ふと、授業中なのに屋上に集まっている3人の女の子を見かけたんです。気になって話しかけに行ってみると、彼女たちは保健室登校をしているのだと教えてくれました。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    さまざまな理由から、学校には来られても、教室に足を踏み入れることができない生徒たちが、保健室登校という形で学校に通うわけですよね。

  • haichi_60

    葉一さん

    ええ。理由はさまざまでしたが、その中の1人は自殺未遂をして、最近退院してきたとのことでした。それほど、心に大きな傷を抱えていたんです。実は、僕もかつてうつ病に悩まされていたことがあって……。彼女たちに対して共感する部分も少なからずあり、実習中のできる限りの時間を一緒に過ごすようになりました。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    ご自身の経験から、どうしても放っておくことができなかったのですね。

  • haichi_60

    葉一さん

    そうなんです。その自殺未遂をしてしまった子は「母親の手作りのご飯を食べたことがない」と話してくれました。彼女の家は病院を経営していて、ご両親共に多忙な日々を送っているのが原因だったようです。そこで当時の僕は、早起きして彼女に手作りのお弁当を作っていったんです。今思うと、学校的に問題にもなりかねない行動ですよね……。でも、その子は喜んで食べてくれて。「お弁当箱、洗って返すね」と持ち帰ってくれました。奇跡的なことに、そのお弁当箱にお母さんが気づき、「そんな風に思っていたなんて知らなかった」と、後日彼女に手作りのご飯を作ってくれたようなのです。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    教育実習生だった葉一さんの一つのアクションが、その子の家庭を変えるきっかけになったのですね。

  • haichi_60

    葉一さん

    その時に、自殺未遂までした子が僕に「先生のおかげで、頑張って生きてみようって思えたよ」と言ってくれて。かえって僕自身に大きな気持の変化がありました。こんな自分でも、誰かの励みになることができるんだ、って。そんな大事なことを気づかせてくれた彼女たちに恩返しをしたくて、ずっと教育に関わっていくことを心に誓ったんです。この出来事が無かったら、僕は一般企業のサラリーマンになっていたと思います。

「心に余裕が持てない」。教育実習で思い知った現場の大変さ

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    ところで、教育実習に行かれたということは、葉一さんはもともと先生志望だったのですか?

  • haichi_60

    葉一さん

    そうなんです。高校時代に尊敬する数学の先生と出逢って、それまで先生の存在に対して斜に構えていた自分が変わり、成績がぐんと伸びた経験をしたんです。自分もそんな存在になりたいと思い、東京学芸大学の教育学部に進学しました。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    しかし、結果として先生の道を選ばなかったのには、きっと何か理由があるのですよね?

  • haichi_60

    葉一さん

    教育実習には、小学校2回、中学校1回の計3回行ったのですが、そのときに現場の先生の忙しさに、とにかく驚いてしまったんです。当時の僕の目標は、生徒たち一人ひとりに寄り添って、勉強だけではなく精神面も支えられるような先生になることでした。しかし、実際は簡単にそのようなことを言える環境ではないことを実感したんです。特に小学校の先生は、全ての教科を担当するので、授業が終わっても、休み時間になるとすぐに次の授業の準備に取り掛からなければなりません。ベテランの先生になれば余裕が出てくるのかもしれませんが、若い先生はいつも忙しそうにしているのを目の当たりにして、「これでは当分生徒と向き合うのは難しいかもしれない」と思ってしまったんです。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    確かに、教育実習を経験して、現場の厳しさを痛感する先生志望の学生さんは少なくないようですね……。

  • haichi_60

    葉一さん

    大学時代の友人たちには、先生になっている人がたくさんいるのですが、みんな口を揃えて「忙しい」と言っていますね。先生は生徒に向き合うことが重要だ、とよく耳にしますが、いくらプロとはいえ、心に余裕がないと生徒としっかり人間関係を築いて、何でも話し合えるようになるのは難しいのかもしれないですね。実は、僕の「YouTube」では視聴者の生徒たちからのお悩み相談も受け付けているのですが、中には公表できないようなシビアな相談が寄せられることも少なくないんです。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    学校や家庭では打ち明けられないからこそ、葉一さんの元へ相談が届いているのでしょうね。でもそれって、かつて夢見ていた「生徒の精神面を支える先生になる」という目標を達成しているのでは?

  • haichi_60

    葉一さん

    そうだといいのですが……。ただ、僕は生徒たちの側にいることはできないので。相談メールに関しても、一通一通に返事を書くとものすごく時間がかかってしまうんです。シビアな内容だとなおさら、文面で間違った伝わり方をしては大変なので、簡単に返事を書くことができなくて。かと言って、新しい動画作成の時間を削ってしまっては、更新を楽しみにしてくれている生徒たちに迷惑がかかってしまいます。これに関しては、本当に葛藤が続いているんです。

F85A2846-2

生徒のリクエストから生まれた新しい動画コンテンツ

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    一方通行方の動画配信に終わるのではなく、コメントやメールを通して、生徒たちからの反響を感じながら日々動画作りをされているのですね。葛藤はあると思いますが、生徒の反応が動画作成に影響を与えることもあるのでしょうか?

  • haichi_60

    葉一さん

    それは大いにありますね。ある時、こんなリクエストが届いたんです。「葉一先生が勉強しているときに自分も頑張りたいので、授業ではなく勉強中の動画をUPして欲しい」って。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    その動画がこちらですね。

  • haichi_60

    葉一さん

    見ていただいて分かるように、本当に「ただ勉強しているだけ」の動画なんです(笑)

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    とはいえ、再生回数もコメント欄もすごいことになっていますね!

  • haichi_60

    葉一さん

    僕としては、ただ勉強しているだけの動画のどこに需要があるんだろうって思っていたんですが……。勉強を頑張りたい生徒たちにとっては、「いつも見ているYouTuberと一緒に勉強している」と思うとモチベーションUPにつながるそうなんです。再生回数も他の動画より圧倒的に多くて驚きました。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    他の動画は学年や教科によって見る人が限られますが、「勉強している様子」を映すだけの動画ともなると、みんなに当てはまりますものね。というか、普段の動画作成の準備で、葉一さんご自身もこんなに勉強されているんですね!

  • haichi_60

    葉一さん

    大学受験か、それ以上くらい勉強していますよ。「教育YouTuber」になってからが、今までの人生で一番勉強しているかもしれません(笑)

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    どのような方法で勉強をされているんですか?

  • haichi_60

    葉一さん

    生徒たちとなんら変わりはありません。今は受験対策の動画作成をすることもあるので、市販の受験対策問題集を買ってきて、動画作成に入るまえにひたすら解いています。教科によっては、5時間くらい下準備が必要なものもあるんですよ。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    それはなかなか大変ですね……!葉一さんもそれだけ勉強していることが分かると、生徒たちも励みになりそうです。

  • haichi_60

    葉一さん

    一緒に勉強するというのは、僕自身では浮かばなかったアイデアでしたね。どういった形であれ、生徒たちが笑顔になるのであれば嬉しいです。

  • usagi_icon-1

    うさぎ

    今後の動画作成については、なにか計画中のことなどはありますか?

  • haichi_60

    葉一さん

    今の形を続けていくことがまずは大事だと思っています。特に、「無料配信」にはこだわっていきたいですね。最初にYouTubeで勉強動画をUPした時の、「誰もがいつでも無料で学べる環境を作りたい」という想いをこれからも持ち続けていきたいです。

先生を目指していた葉一さんの実体験として残る生徒とのエピソードや、教育の現場で働く先生たちの苦労。これらがあるからこそ、「教育YouTuber」の価値を高めていく重要性を実感しているようです。近い将来、葉一さんの動画作りが、教育の世界に新しい可能性を与える一因につながっていくかもしれません。